chairs

TEL.0954-20-6060

info@kazenomori.biz

 

The Bull-Horn Chair

Hans J. Wegner

このイスは「ほれぼれする」という言葉がぴったり。ウェグナーの作品の仲でも最も好きなイスの一つです。手に入って初めて見た瞬間、満面いや至福の笑顔だったであろうと思われます。名前も素敵です。

ミニベアチェア

Hans J. Wegner

ハンス・ヨルゲンセン・ウェグナーのミニベアチェア。大柄な「ベアチェア」の子供みたいなもの、とはいえ座り心地は良く、個人的に快適さでは一番。肘掛けのくぼみがいい感じです。

スリーレッグドシェルチェア

1963 Hans J. Wegner

プライウッドを使い、曲線が美しい個性的なデザイン。色はシャンパンレッドといい、落ち着いた赤で、とても気に入っています。

The Chair

Hans J. Wegner

背もたれから肘掛けにつなぐ「フィンガージョイント」工法が特徴。USAで大統領のTVディベートでケネディが座ったイスとして有名。

 

フリッツ・ハンセン

Fritz Hansen

フリッツ・ハンセン

スパニッシュチェア

Børge Mogensen

自動車が普及し馬具職人の多くが仕事を失った。モーエンセンはその状況を解決するため、一枚革でベルトをつけ、のびても大丈夫なイスを職人たちに作らせた。個人的にもかなり好きです。デザインの完成度はピカ一。

食堂イス

Bruno Mathsson

ブルーノ・マットソン作。シンプルながらも、前後脚のカーブや、座面のアールが何とも言えないバランスの良さを出しています。軽く、さわやかな印象を持つイスですね。

J-16

Hans J. Wegner

ハンス・ヨルゲンセン・ウェグナーの作品。脚の接合部分が特徴で、シンプルかつバランスの良い、飽きのこないイスです。暖炉の横で、ミニテーブルにロックグラスを片手に…カッコいい。

 

PK-22

Poul Kjærholm

ポール・ケアホルムによる「みずすまし」のような繊細さのあるデザイン。見た目よりもしっかりしていて、北欧イスでもそうであるように、座り心地良好。

Arm Chair No.209

Finn Juhl

デンマークのデザイナー「フィン・ユール」の作品。外交官のために、デスク・収納棚とともにデザインされたもの。在日デンマーク大使館でも長く使われた。

Heron

1966 菅沢光政

ロッキングの揺れが大きく、分割されたクッションと相まって、眠ってしまいそう…。日本人デザイナーも素敵なイスづくりでは負けていませんね。

Y-Chair

1949 Hans J. Wegner

Yチェアといえば、プレーンな木の色をイメージしますが、黒もいい味を出しています。客室には赤いフレームのYチェアもあります。

 

c001

Designer

 。

c002

Designer

 。

c003

Designer

 。

c004

Designer

 。

 

Unknown

Unknown

デザイナーや製作年はわかりませんがとても気に入っていて、知人の家具屋さんから頂きました。24〜5年前の椅子ではないかと思われます。色褪せたブルーのファブリックが癒しを感じさせます。

Unknown

Unknown

デザイナーや製作年はわかりませんがとても気に入っていて、知人の家具屋さんから頂きました。24〜5年前の椅子ではないかと思われます。モスグリーンの優しい色使いです。

c007

Designer

 。

c008

Designer

 。